top of page
mune-68.jpg

お知らせ・ブログ

浄土宗開宗850年お待ち受け法要新光明寺様に参加しました


先日、新光明寺様にて、浄土宗850年のお待ち受け法要が執り行われました。この大切な法要に、私、来迎院の副住職として参加させていただきました。

法要の中で、浄土宗の歴史や教え、そして今日におけるその意義についての法話をさせていただきました。浄土宗の長い歴史の中で、多くの人々が法然上人の教えを受け取り、その教えを日常生活の中で実践してきました。私たちもその教えを継承し、現代においても浄土宗の教えを深く理解し、お念仏の実践していくことの大切さを説かせていただきました。

新光明寺様や参列された皆様には、温かい歓迎と共に、深い教えを共有する機会を与えていただき、心から感謝申し上げます。

これからも、来迎院として、浄土宗の教えを広め、多くの人々と共に歩んで参りたいと思っております。今回の法要での経験や感じたことを胸に、これからも精進して参ります。

最後に、新光明寺様をはじめ、関わってくださった皆様に心より感謝申し上げます。

来迎院 副住職

コメント


bottom of page